情報掲示板の使い方

情報掲示板はメンバーが自由に書き込めるブログタイプのページです。

投稿するにはログインが必要です。

メニューから「情報掲示板 → 新規投稿」を選ぶと「新規投稿を追加」画面が表示されます。また、自分がアップした記事を表示すると記事上部に〔編集〕リンクが表示され、ここから「投稿を編集」画面に進めます。

エディタの機能

「新規投稿」を選ぶと記事編集画面が表示されます。

管理画面1(投稿者用)

表題(欄)と本文(欄)を入力し、右サイドバー の〔公開〕ボタン(後述)を押すと投稿が公開されます。

エディタには「ビジュアル」モードと「テキスト」モードがあり、本文入力欄右上のタブで選択できます。

「ビジュアル」モードは表示されるままの状態で入力・編集できる Wysiwyg なエディタです。本文入力欄上部に編集メニューやボタンの並んだバーがあり、基本的なHTML機能を設定できます。
例えば :
※ リンクボタンをクリックすると「リンクの挿入/編集」ウィンドウがポップアップし、リンクを設定できます。外部のサイトにリンクする場合は「□ リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」をチェックする方がよいでしょう。

「テキスト」モードは HTML タグを直接編集できるテキストエディタです。HTML の知識があれば詳細な設定が可能です。

「ビジュアル」モードと「テキスト」モードは相互に行き来が可能です。

本文入力欄左上の〔メディアを追加〕ボタンを押すと記事中に画像が挿入できます。

投稿を公開後ホームページに戻るには、画面左上のかメニューから「Swimy → サイトを表示」を選択します。

投稿入力画面の右サイドバーの機能

管理画面2
投稿入力画面の右サイドバーには右図のようなボックスがあります。

投稿制限(Posts Restoriction)

投稿内容はメンバー以外にも公開されます。メンバーのみに公開する場合は「□ 投稿をブロック」をチェックしてください。

公開

「公開」ボタンで投稿が公開されます。
「プレビュー」ボタンで事前に投稿を確認することができます。

タグ

使用しません。
タグは記事を分類するキーですが、この画面では「情報掲示板」に固定されています。
管理画面3

掲載終了日(Post Expirator)

「Post Expirator」で掲載終了日を設定できます。
「How to expire」を標準の「Draft」にしておくと、掲載終了日後は一般への表示はされなくなりますが、投稿者または管理者が削除するまで記事は残ります。

コメントの設定

他のメンバーからのコメントを受け付けるのがふさわしくない投稿は「□ コメントの凍結」にチェックを入れてください。

アイキャッチ画像

記事の一覧画面で表示されるアイキャッチ画像を設定する場合は150X150ピクセルで用意してください。

管理画面のその他のメニュー

投稿画面は WordPress の管理画面そのものなので、左サイドバーのメニューからプロフィール情報の変更など、投稿以外の他のメニューも使用することができます。