教育: 生徒とその環境

.           閉じた環境 vs 世界に向けて開いた環境

教わって何かをする vs 何かをしたいために教わる

高度成長期頃の生徒や親は良い学校に入って良い会社に入れば偉くなれて良い社会ずくりに貢献できるというような漠然とした開けた雰囲気の中でいろいろやりたいことがありそんななかで教育を受け能力を伸ばして育った。今の生徒はそのような開けた空気を社会に感じているのだろうか。それなしでの教育はどんな子どもを育てるのだろうか。