自由を求めたコミュニティー文化の形成

下の今岡善次郎さんのまとめ;

>日本は西洋化したのではなく、日本では西洋が日本化したという。
はこれからの世界にとってキーポイントと僕は考えています。今岡さんにお伺いしたところそれをなしたのは大和魂とのことですが、それが日本という組織をコミュニティーとして動かしていて直接繋がれてゆくこれからの世界にはこの延長としての「地球コミュニティー」文化が必要なのではないかと思うのです。一方その弱点は個人の自由が阻害されることです。その点アメリカは個人の自由を追求したシステムである一方コミュ二ティーという概念が全くないシステムである。なのでなんとかアメリカの構造と日本の文化をつなげて地球コミュニティー文化ができないか、それがエンゲルバートのいうNetworked improvement communityにとてもふさわしいと思うのです。なんとか皆様とこのインプリを考えられないかと新年改めて考える次第です。こんな話はもうやめようかと思っていたところ、年末の夜中に乗ったタクシーの運転手さんが降り際に「景気が良くなったなんてとぼけている、何も実質的に前向きな話は起きていないし、こんなに自然を破壊している社会はどうしようもない」といわれて、改めてやる気を起こした次第です。

山田博英

P.S.今岡談;

今岡善次郎です。
個人の独立自尊とコミュニティを両立すること、欧米式利己重視とコミュニティの利他重視を並存させる。松岡正剛という人が、方法としての日本を書いています。西洋の弁証法ではなく日本人は矛盾するものを対立させたまま活かす。勾玉と剣、派手と地味、善と悪、雅と寂などです。

———-今岡善次郎さんよりの 転送メッセージ ———-

2015/12/30 本日のテーマ
====================
「2500年前人類は理性を発見した」
「日本人の価値観:生命本位の再発見」(立花均、ぺりかん社)より
==================■日本人に限らず、人類は他の動物と同じように
日常の中で生と死を見ていて、
生命とは自ら動くものと感じていた。生命を根本的に価値のあるものとして
認めていた。

死んで動かなくなると肉体は単に物体になる。

「命あっての物種(ものだね)」という
感覚は人類が誕生してからあった。

■それでは人類が理性を持つようになった動機は
何かと立花氏は考えた。

人は必ず死ぬ。

泡のようなはかない存在である。

この余りにもはかない存在でいることに耐えられない。

喜怒哀楽に悩まされ
病気や不運に悩まされる。

そこから何とか脱却したいと
「自ら絶対的な価値のある完全な永遠の存在である」と
思おうとした。

その方法として
自分に絶対的な価値を賦与してくれる何らかの
絶対的な価値を持つ完全で永遠なるものの本体を探そうとした。

■永遠の「絶対的な価値を持つもの」とは
現実を超えた抽象的な世界を求めなければならない。

この抽象的な世界を創造するには
抽象的な思考能力である理性を働かせなければならない。

人間という表面的には泡のように儚い存在を絶対的な
価値を持つ完全で永遠なる存在にしてくれる能力は
磨かれた。

それが「理性」だという。

日々生きるための行動に追われていると
複雑で高度に抽象的な思考はできない。

このような高度な思索に専念できる余裕ができて
始めて理性は生まれる。

その時期は2500年前だったという。

■現世を否定し超越的な価値を希求する「価値観の大転換」
があった。

中国、インド、ギリシャで高度な文化が発達して
宗教的な現世否定と超越的な価値を希求する理性が生まれた。

これが人類の歴史的切れ目であると
フランスの哲学者カールヤスパースが述べたそうだ。

日本では中国やインドから儒教や仏教という理性が
伝わったがそれは中国人やインド人やギリシャ人、西洋人の
ようには日本人を変えなかった。

2500年以前の人類の持つ精神構造を根本に持ったままで
理性は日本人にとって生命観を変えるものとはならなかった。

生命というか、感性というか、
現実から離れて抽象的な理性のみに頼るには
違和感が日本人にあった。

日本の仏教も儒教もキリスト教も
日本人はその原理に忠実ではなく、日本の心、又は大和魂の
土台の上に築かれた。

そのことが日本人と非日本人と別れるところではないかと
立花氏は言う。

150年前の明治維新の時は西洋文明が
太平洋戦争後はアメリカ文明が日本の生態系を変えて
日本人の多くは日本人の本質は失われてしまたっと
考えている。

しかし、ドラッカーに言わせると
日本は西洋化したのではなく、
日本では西洋が日本化したという。

それが正しければ
日本人の感性が理性や理論を上手に道具にした
誇っていいかもしれない。

●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎