「日本語の科学が世界を変える」

著者は「日経サイエンス」の編集長などを務め、長年にわたって科学の現場を見てきた科学ジャーナリストである。

ひと言で言って日本人として元気が出る本だ。近年日本人が毎年のようにノーベル賞を受賞しているが、彼の候補者リストにはまだ多くの名前が載っており、この傾向は今後も続くようだ。それに対して、英語の論文には面白いものがなくなっているという。つまり、これからますます日本人が世界の科学をリードしていかなければならない、らしいのだ。

本書はこのような科学の現状の背景に日本語および日本文化からの発想を見い出そうという試みだが、そのあたりは可能性を挙げているにとどまる。日本語では学術用語をほぼすべて漢字ベースの日本語に置き換えてきたが、この翻訳により学術用語が一般社会の言語生活にもすんなりと溶け込むことになり、日本の文化レベルを大いに高めているのかもしれない。

ろころで、東北大学の総長も務めた西澤潤一に一章を充てているのも、私としてはうれしい。西澤は半導体や光通信の分野の基礎研究技術で多くの成果を上げているのだが、なぜかノーベル賞を受賞していない不思議な大科学者である。著者によれば、西澤はそこらのノーベル賞受賞者とはレベルの違う大天才で、ダ・ビンチに匹敵するそうだ。

ついでながら、解剖学者で「バカの壁」の著者の養老孟司は、ある時から論文を日本語でしか書かないことにしたそうだが、著者の感じていることと共通する何かを感じてのことかもしれない。

nihongonokagaku

コメント

  1. 山田 博英 より:

    英語の単語は神から授かった抽象綴、漢字は生活現場からの具体文字であることと関係していませんか。

  2. 山田 博英 より:

    最近は本を読まないのですが、この本の神谷流まとめを一言二言でお願い出来ませんか。

  3. 神谷 英一郎 より:

    山田さん、
    「英語の単語は神から授かった抽象綴」は正しい認識とは思いません。生活語・日常語は何語でも似たようなものです。
    しかし、政治・哲学・科学を論じる「文化語」は文明・文化の発展とともに作られるもので、日本語では明治期に欧米の文明を受け入れる時に、主として漢字ベースで膨大な数の新語を作りまた。そしてこの文化語が生活語に逆輸入され、日常の言語生活を豊かにしています。日常語で研究ができる国はヨーロッパ語諸国と日本、それから日本人の成果をそのまま取り入れた中国、だけです。

    「まとめ」は本文のとおりでよろしいかと。

    • 山田 博英 より:

      アルファベットは象形文字なのだと教わりました。とにかく英語は長い説明文でまとまる、日本語は「和をもって貴しとする」みたいな短い文でまとめをつける、と印象つけられています。

  4. 山田 博英 より:

    その違いをトップダウン言語とボトムアップ言語の違いとしてしまいたいのですが、どんなものでしょうか。この本も日本では技術をボトムアップでいちずける?

  5. 山田 博英 より:

     一応読みました。神のもとで科学しているは西側諸国と日本だけなのでしょうか。他のアジア諸国はどうなのでしょうか。神でも日本と欧米では視点が違ってくるのはとても良くわかります(日本は中庸がある)。西欧はトップダウンで科学によって現場の在り方を変える、日本はボトムアップで科学を我々の在り方にとりいれる。ただこれがいつまで続けられるだろうか危機感を感じています。