Swimy という名前

“Swimy” の名前は”Smart Web Interaction Model with You” の頭文字をとったものです。もちろん絵本「スイミー」に由来していますが、絵本の英語タイトル “swimmy” とは異なり、”m” がひとつありません。どうぞご注意を。

小さな赤い魚の仲間に、一匹だけ真っ黒だけれど泳ぎの早いスイミーという名の魚がいました。あるとき大きなマグロが急に襲ってきて、仲間が皆食べられてしまいました。逃げられたのはスイミーだけで、暗い海のそこを、一人さびしく、悲しく泳ぎました。けれど泳いでいるうちに、海にはすばらしいものがいっぱいあって、それをみるたびにだんだん元気になりました。そのとき、岩穴の中に自分と同じようなたくさんの赤い小さな魚の兄弟たちが、大きな魚に食われるのが恐ろしくて、閉じこもって、おびえながら住んでいるのを見つけました。スイミーは、考えて、考えて、考え抜いて、相談して、みんなが集まって大きな魚の形を作って、スイミーがその目になって、勇気をだして岩穴の外へ出る、という提案をします。

絵本「スイミー」より

sakana